野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人が連敗ストップで首位浮上 坂本先制打&長野9号、マイコラスは6勝目

巨人が連敗ストップで首位浮上 坂本先制打&長野9号、マイコラスは6勝目

巨人は20日、敵地での阪神戦に2-0で勝利し、連敗は「4」でストップ。後半戦白星スタートを切り、首位に浮上した。

阪神甲子園

阪神に2-0で勝利、連敗「4」で止めた

 巨人は20日、敵地での阪神戦に2-0で勝利し、連敗は「4」でストップ。後半戦白星スタートを切り、首位に浮上した。初回に坂本のタイムリーで先制すると、先発のマイコラスが7回5安打無失点と快投。1点リードの9回には長野がソロを放ち、貴重な追加点をもたらした。マイコラスは自身4連勝で6勝目(3敗)となった。

 巨人は初回、岩田から1死二塁とチャンスを作る。ここで坂本がレフトへタイムリー。幸先良く1点を先制した。

 しかし、マイコラスがその裏の阪神を3者凡退に抑えると、試合は壮絶な投手戦に。2、3、4回は両投手ともに1安打を許しながら無得点。5回は3者凡退に抑えた。

 6回、岩田は2死二塁のピンチを招きながら、阿部を一邪飛に仕留めて無失点。その裏、マイコラスも福留に四球、ゴメスはレフト前ヒットで2死一、二塁とされる。しかし、マートンをセカンドフライに打ち取り、切り抜けた。

 岩田は7回、再び3者凡退の好投。マイコラスは1死から上本のヒット、鶴岡のバントで2死二塁とされ、岩田の代打・関本を迎えるも、セカンドライナーでまたも無失点に抑えた。

 8回、巨人は山口を投入。先頭・鳥谷の打球は三塁を襲った。村田がグラブに当てたが捕球できず、判定はヒット。バントで1死二塁となったが、山口は福留をレフトフライに打ち取った。

 さらに、続くゴメスに対して巨人はマシソンを投入。四球を与えて一、二塁となると、原監督は澤村をマウンドに送った。守護神はマートンを三ゴロに仕留めて無失点。指揮官の執念の采配でリードしたまま最終回に入る。

 9回、長野がセンターバックスクリーンへのソロを放ち、巨人に貴重な追加点が入る。最後は澤村が無失点で締め、巨人が2-0で勝利。DeNAが敗れたため首位に浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング