野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハマの未来を担う左腕 DeNA砂田毅樹が背中を追う2人の存在

砂田を温かく見守る藤井氏「他チームながらも応援している」

「去年2軍にいた時に育成時代の彼を見ていたし、一緒にやっていましたからね。コーチにも“いろいろ教えてやれ”と言われたんですげど、(細かいことは除いて)もう完成に近かった。教えることないなって思ったんですよね。だから“早くチャンスがもらえるといいね”って言っていました」

 藤井投手は後輩達への面倒見がいい方なのです。育成でも頑張る姿を見ていたとのことで、「あんまりしないんだけど、グラブをあげたりしましたね」と明かしてくれました。砂田投手に期待をかけていたことがうかがえますし、大事なグラブをあげるくらいですから、今でも気にかけているのでしょうね。砂田投手の一軍での姿にも、「他チームながらも応援しているし、ちゃんと見ています」。直接本人には伝えていませんが、必死にチャンスをつかもうとしている左腕を遠くから見守っているようでした。

 一軍のマウンドで頭角を現した砂田投手は「移動の時のスーツが着慣れなくて、“大学生みたい”と言われることもあるので、だんだんとスーツも着こなしていけるようになりたいです」と初々しさをのぞかせていますが、今後のDeNAにとって欠かせない存在になるでしょう。三浦投手からの「今は細かいことは気にせずとにかく思い切りやれ!」というアドバイスのもと、勝ち星を重ねていってくれることを期待しています。

 後半戦もスタートし、日本一となった1998年以来となる優勝に向けて、これからも砂田投手の力が必要となってきます。「9回には山崎さんがいるので、目標は8イニング。1勝して気持ちが楽になったし、自分の球が通用しているんだと、勝って自信になりました。相手が研究してくる思うのでそれをどう上回るかも課題です」と冷静に自分自身を分析している砂田投手は、三浦投手の言葉、藤井打撃投手の気持ち、それからベイスターズファンの夢を背負って戦うことを胸に秘めいているようでした。

【了】

白井京子●文 text by Kyoko Shirai

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」