野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 史上空前の“混セ” 各球団で後半戦のキーマンとなる人物は?

史上空前の“混セ” 各球団で後半戦のキーマンとなる人物は?

プロ野球は後半戦がスタート。史上空前の混戦となっているセ・リーグはどのチームが抜け出すのか、大きな注目が集まっている。首位で並ぶ阪神、ヤクルトから最下位の中日までは、わずか4ゲーム差。前代未聞の僅差でペナントレースが展開している。

20150723_oagata

全球団貯金なし、「どこが出てくるのか読みづらい」

 プロ野球は後半戦がスタート。史上空前の混戦となっているセ・リーグはどのチームが抜け出すのか、大きな注目が集まっている。首位で並ぶ阪神、ヤクルトから最下位の中日までは、わずか4ゲーム差。前代未聞の僅差でペナントレースが展開している。

 22日終了時点で、全球団が貯金なし。どのチームも波に乗りきれずに後半戦を迎えている。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は「交流戦でどのチームも大失速したおかげの“混セ”なんですけど、レベルが低いので、どこも調子が上がらないまま団子になってしまった感じですね。これからどこが上がってこられるのか。どこも連勝もするけど連敗もする」と前半戦の印象を明かす。

「本当に実力を発揮できている選手が少ない。特にピッチャー陣。安定して頑張っているピッチャーが少ないですよね。どこも決め手がない。どこが出てくるのかが読みづらいですね」

 野口氏は以前、序盤戦をリードしていたDeNA、巨人が届かず、阪神、ヤクルト、広島でクライマックスシリーズ(CS)を戦う可能性も十分にあると指摘していたが、「本当にそうなる気がするんですよね」と言う。

「そうなれば、観客動員は間違いなく上がるでしょうね。阪神と広島が上がれば。ヤクルトも勝ってくると『そんなにいたの?』っていうお客さんが湧き出てくる。ジワジワっと出てくるんですよ(笑)。

 冷静に考えれば、(CS進出の)3つの中にジャイアンツは入ってくるんでしょうけど、その(阪神、ヤクルト、広島の)3つになってほしいかなという願望はありますよね。一番盛り上がるのは、DeNAが(CS進出チームに)入ることでしょうけど。ただ、基本的な能力を比べると厳しいかな」

 前半戦最終戦で劇的なサヨナラ勝利を飾り、結果的に首位で折り返したDeNAだが、後半戦最初のカードでヤクルトに3連敗を喫し、現在、首位と1.5ゲーム差の4位。なぜ、今後苦しいと見るのか。

「やっぱりピッチャーなんですよ。ブルペンは、本当に安心してみていられるのは9回だけ。先発が繋ぐしかないけど、コマがいない。久保と(三浦)大輔しかいない。井納はイニングは食えますけどね。山口俊が厳しくなったのが痛い。彼が序盤みたいに投げてくれれば…。彼がダメなせいで、ローテーションの穴が3つくらいになっている」

人気記事ランキング