野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • Aロッドが3連発でヤ軍の逆転勝利に貢献 左中間3階席への豪快なソロも

Aロッドが3連発でヤ軍の逆転勝利に貢献 左中間3階席への豪快なソロも

ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が、25日(日本時間26日)の敵地ツインズ戦で3打席連続ホームランと大暴れし、8-5での勝利の立役者となった。

20150620_alod

圧巻の3打席連続本塁打、1試合3本塁打はキャリア5度目

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が、25日(日本時間26日)の敵地ツインズ戦で3打席連続ホームランと大暴れし、8-5での勝利の立役者となった。

 「3番・DH」で先発したAロッドは初回、1死一塁の場面で三ゴロに倒れ、ダブルプレーに打ち取られた。

 しかし、0-5とリードを許し、4回2死走者なしで迎えた第2打席から本領を発揮した。先発ミローンの88マイル(約142キロ)の直球を左中間スタンドの3階席に運ぶとエンジン全開。1-5の7回には、無死二塁のチャンスでミローンの87マイル(139キロ)の速球を左中間に運んだ。

 4-5で迎えた9回には先頭で打席に立ち、抑えのパーキンスの94マイル(約151キロ)をセンターバックスクリーンに叩き込む。豪快なソロホームランで同点に追いついた。

 ヤンキースはこの回にジョン・ライアン・マーフィー捕手が決勝3ランを放ち、一発攻勢で試合を一気にひっくり返した。Aロッドの1試合3本塁打はキャリア5度目。この日は4打数3安打4打点の大活躍だった。

 昨年、薬物規定違反で1年間の公式戦出場停止処分を受けたAロッドは、今季開幕前の春季キャンプから改心した姿を示し、ヤンキースタジアムのファンに拍手で迎えられるなどスターの座を再び手にしようとしている。

 2013年は臀部の故障などで不振に陥り、昨年は出場停止だったが、今季は打率2割7分7厘、23本塁打、58打点と復活。ア・リーグ東地区首位を独走するヤンキースを牽引している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中