野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神がDeNA下し2位浮上 メッセ7回無失点、呉昇桓が8回途中から好救援

阪神がDeNA下し2位浮上 メッセ7回無失点、呉昇桓が8回途中から好救援

阪神が26日、甲子園でDeNAを3-0で下し、2位に浮上した。

阪神甲子園

鳥谷が先制打含む3安打、ルーキー江越もタイムリー含む3安打

 阪神が26日、甲子園でDeNAを3-0で下し、2位に浮上した。

 先発のメッセンジャーがDeNA打線を8回までゼロで抑えると、打線もDeNA先発の山口から5回までに鳥谷、江越のタイムリーで3点を奪い、助っ人右腕を援護。最後は8回途中から登板した守護神・呉昇桓が締めた。

 先制したのは2回。今成が四球、江越がヒットで出るなど2死二、三塁とすると、鳥谷がセンターへはじき返す2点タイムリー。さらに、5回には江越が2死一、二塁から山口のスライダーをレフト前へ運ぶタイムリーを放ち、3-0とする。

 投げてはメッセンジャーがDeNA打線を7回まで無失点に抑える好投。8回に福原が満塁のピンチを招くも、2死満塁で救援した呉昇桓がロペスをセカンドへの小フライに抑えた。

 回を跨いだ最終回も呉昇桓がDeNA打線を抑え、3-0で勝利した阪神。これで貯金を「1」とし、巨人をかわし2位に浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング