野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 前日に代打送られた村田が鬱憤晴らす決勝3ラン 4打点の活躍で巨人4連勝

前日に代打送られた村田が鬱憤晴らす決勝3ラン 4打点の活躍で巨人4連勝

巨人は6-3で中日を下し、4連勝を飾った。初回に登録即スタメンデビューを果たした新外国人カステヤーノスが勝ち越し打。一度は同点とされたが、8回には不振の村田がレフトへ決勝6号3ランを叩き込み、快勝した。村田は4打点の活躍で勝利に大きく貢献した。

巨人

新外国人のカステヤーノスは初打席初球をタイムリー、2安打デビュー

 巨人は6-3で中日を下し、4連勝を飾った。初回に登録即スタメンデビューを果たした新外国人カステヤーノスが勝ち越し打。一度は同点とされたが、8回には不振の村田がレフトへ決勝6号3ランを叩き込み、快勝した。村田は4打点の活躍で勝利に大きく貢献。巨人は東京ドームで通算1000勝とした。

 先制したのは中日。初回、1死からルーキー遠藤がライトにソロ本塁打を叩き込み、先制した。

 しかし、巨人もすぐに反撃。坂本のヒットなどで大野から1死一、三塁とチャンスを作ると、負傷で登録抹消された亀井に代わり、4番に座った長野がレフトへ同点タイムリー。さらに、1死一、二塁のチャンスで新外国人のカステヤーノスが初打席へ。大野の初球のシュートをライトへ運んだ。

 打球はライト線に落ち、いきなりタイムリーツーベース。来日初打席の初球で勝ち越しタイムリーを放った。続く村田もレフトへの犠飛を放ち、3-1とした。

 その後は両投手が踏ん張り、相手打線に得点を与えない。試合が動いたのは6回。中日は遠藤の死球、ルナのレフト前ヒットで1死一、二塁として、平田がライトへタイムリー。1点差に追い上げると、平田の盗塁、和田の四球で満塁とする。ここで、エルナンデスの当たり損ないの三ゴロを前進してきた井端がこぼして三塁走者が生還。中日がエラーで同点に追いついた。

 8回、巨人は坂本、長野の連打で1死一、二塁のチャンスを作る。ここでカステヤーノスはセカンドフライに倒れたが、今季は不振に苦しむ大砲のバットが火を噴く。カウント1-1から、続く村田が真ん中への直球を完璧にとらえ、レフトスタンドに運んだ。

 前日には同点の8回1死満塁のチャンスで代打を送られた村田だったが、その悔しさを晴らすかのような大きな一発。値千金の3ランで巨人が勝ち越した。

 9回は守護神・澤村が抑え、6-3で快勝。村田の大仕事で巨人が4連勝とした。

 その後、巨人は村田の連続ヒットで1死一、二塁とチャンスを作ったが、井端は二ゴロでダブルプレーに終わり、追加点は奪えなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング