野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 岩隈久志、7回3失点で3勝目 メジャー自己最多118球の力投、マ軍は逆転勝利

岩隈久志、7回3失点で3勝目 メジャー自己最多118球の力投、マ軍は逆転勝利

マリナーズの岩隈久志投手は7日(日本時間8日)、本拠地でのレンジャーズ戦に先発し、7回3失点の力投で3勝目(2敗)を挙げた。メジャー自己最多の118球を投じ、クオリティ・スタート(6回以上を自責3以内)で試合を作った。マリナーズ打線も一発攻勢で右腕を援護し、4-3の逆転勝利を引き寄せた。

マリナーズは逆転勝利

 マリナーズの岩隈久志投手は7日(日本時間8日)、本拠地でのレンジャーズ戦に先発し、7回3失点の力投で3勝目(2敗)を挙げた。メジャー自己最多の118球を投じ、クオリティ・スタート(6回以上を自責3以内)で試合を作った。マリナーズ打線も一発攻勢で右腕を援護し、4-3の逆転勝利を引き寄せた。

 今季10試合目の登板に臨んだ岩隈は初回を無失点に抑えたものの2回にピンチを招く。2死から秋信守に二塁打を浴び、アンドラスには死球を与え、一、二塁。ここでウィルソンにレフト線へタイムリー二塁打を許して2点を先制される。

 1点を返した後の4回無死一塁の場面で、ハミルトンが放ったレフトへの打球をトランボがキャッチしきれず、連打で一、二塁に。その後、1死一、三塁からワイルドピッチで3失点目を喫した。

 しかし5回はヒット1本に抑える好投を力投を見せて追加点を与えない。マリナーズ打線も5回にトランボが相手先発ハメルズからソロ弾を放つと、6回はクルーズ、カノと2者連続本塁打で逆転に成功。右腕を援護した。

 岩隈は7回118球を投げ、6安打6奪三振3失点で勝利投手の権利を持って降板。その後、救援陣が1点のリードを死守し、岩隈に3勝目がついた。7月18日のヤンキース戦以来、4試合ぶりの白星で防御率は4.41となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中