野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神、単独首位浮上 藤浪リーグトップタイ9勝目「何とか粘れてよかった」

阪神、単独首位浮上 藤浪リーグトップタイ9勝目「何とか粘れてよかった」

阪神が8日、横浜スタジアムでのDeNA戦で5-2で勝利した。先発の藤浪が7回6安打10奪三振3四球2失点でリーグトップに並ぶ9勝目(5敗)。阪神は単独首位に浮上した。

立ち上がり2失点も粘りの投球で7回1失点、3年連続2桁勝利にあと1勝

 阪神が8日、横浜スタジアムでのDeNA戦で5-2で勝利した。先発の藤浪が7回6安打10奪三振3四球2失点でリーグトップに並ぶ9勝目(5敗)。阪神は単独首位に浮上した。

 阪神は初回、2死一、三塁からマートンのタイムリー内野安打で先制するも、藤浪がその裏に2死二塁から筒香、ロペスと連続タイムリーを浴びて逆転を許す。

 しかし2回、阪神打線はすかさず反撃。相手先発の高崎を攻めて、今成の内野安打、江越の二塁打で無死二、三塁とすると、鶴岡のタイムリー内野安打で同点に。その後も大和のタイムリーヒットなどで3点を加え、この回一挙4得点。逆転に成功する。

 藤浪は2回以降得点を許さず、7回1失点で降板。その後、福原、呉昇桓と継投し、試合を締めた。

 試合後はリーグトップタイの9勝目を手にした藤浪がヒーローインタビューに答え、「自分自身バランスが悪い中で何とか鶴岡さんにうまくリードしてもらった」と立ち上がりから苦しんだ登板を振り返った。満足いく内容ではなかったものの、10奪三振2失点でチームの勝利に貢献。「苦しい時に時に何とか粘れてよかった」と話した右腕は3年連続の2桁勝利にあと1勝と迫った。

 この日は巨人、ヤクルトが敗れたために阪神が単独首位に浮上している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中