野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・吉川が中日戦で2点二塁打 昨季限りで戦力外の古巣に“リベンジ”

巨人・吉川が中日戦で2点二塁打 昨季限りで戦力外の古巣に“リベンジ”

巨人・吉川大幾内野手が14日、古巣・中日を見返すタイムリーを放った。

初回に左翼線二塁打、4回には2点二塁打でマルチ

 巨人・吉川大幾内野手が14日、古巣・中日を見返すタイムリーを放った。

 中日戦(ナゴヤドーム)に「2番・三塁」でスタメン出場した。2点リードの4回2死二、三塁。右腕・ネイラーの内角カットボールを三塁・ルナの後方へ落とす左翼線2点二塁打とした。

 初回1死では左翼線二塁打を放ち、対中日戦2打席目で初安打をマーク。かつての本拠地で、5日のヤクルト戦(神宮)以来、今季4度目のマルチ安打と暴れ回った。

 吉川は10年ドラフト2位でPL学園高から中日入団。だが、プロ4年間で34試合出場、打率1割4分3厘、0本塁打、1打点に終わり、昨年10月に戦力外通告を受けて巨人へ移籍した。

 昨年11月の入団会見で、「一度は死んだ身。新たな気持ちで高い志を持ってやりたい」と意気込んでいた背番号68。今季108試合目で“リベンジ”した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中