野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム斎藤佑またも勝てず 「斎藤佑樹らしい」投球も、6回に一挙4失点

日本ハム斎藤佑またも勝てず 「斎藤佑樹らしい」投球も、6回に一挙4失点

日本ハムの斎藤佑樹投手が22日のオリックス戦(東京ドーム)に日本ハムの斎藤佑樹投手が22日、東京ドームで行われたオリックス戦に登板し、5回2/3で5失点。5回まで1失点の好投を見せ、今季初のクオリティ・スタート(QS、6回以上を投げ自責3以下)を目指したが、その6回にオリックス打線に捕まり、達成はならなかった。先発する。

今季初のQS目前で…

 日本ハムの斎藤佑樹投手が22日、東京ドームで行われたオリックス戦に登板し、5回2/3で5失点。5回まで1失点の好投を見せ、今季初のクオリティ・スタート(QS、6回以上を投げ自責3以下を目指したが、その6回にオリックス打線に捕まり、達成はならなかった。

 斎藤は初回、2死から糸井にレフト前ヒット、中島にセンターへの二塁打を浴び二、三塁のピンチを招くも、ブランコをライトフライに打ち取り無失点。2回はストレートを中心に組み立てる配球でヘルマン、駿太、川端をそれぞれ外野フライに仕留め、三者凡退に抑えた。

 3回1死から小田にレフト前ヒットで出塁を許すと、2死三塁から糸井にレフト前へのタイムリーヒットを打たれ先制を許したが、4回、5回とランナーを出しながらも無失点。厚澤投手コーチも「走者を出しながらも粘るというのが斎藤佑樹らしさ。そういうピッチングはできている」と一定の評価を下すピッチングを展開した。

 今季初のQSをかけて6回のマウンドに上がった斎藤だったが、ここでオリックス打線に攻略される。2死から駿太にライト前に運ばれると、川端への四球とバッテリーエラーでランナー二、三塁に。すると山崎勝にライト前への2点タイムリーを打たれ、0-3。さらに小田にもライトスタンドへ2号2ランを浴び、この回4失点でクロッタにマウンドを譲った。

 結局終わってみれば5回2/3を5失点。打線もオリックス西に6回まで1得点で、この日も今季初勝利はならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中