野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木宣親、もう少しで「スプラッシュヒット」 先頭打者弾で連敗脱出に貢献

青木宣親、もう少しで「スプラッシュヒット」 先頭打者弾で連敗脱出に貢献

ジャイアンツの青木宣親外野手は26日(日本時間27日)、本拠地でのカブス戦に「1番・レフト」で先発出場し、今季2本目の先頭打者弾を含む4打数1安打1打点だった。ジャイアンツは4-2で勝利し、連敗を3で止めた。

20150505_aoki

今季2本目の先頭打者弾となる5号ソロ、ジ軍は連敗を「3」で止める

 ジャイアンツの青木宣親外野手は26日(日本時間27日)、本拠地でのカブス戦に「1番・レフト」で先発出場し、今季2本目の先頭打者弾を含む4打数1安打1打点だった。ジャイアンツは4-2で勝利し、連敗を3で止めた。

 ジャイアンツは先発ピービーが初回に2点を奪われる厳しい展開。しかし、青木のひと振りが空気をガラリと変えた。

 1回裏、先頭の青木は1ストライクから相手先発ヘンドリックスの2球目のツーシームを完璧に捉える。打球は右翼スタンドへ着弾。もう少しで、右翼スタンド後方の運河に飛び込むAT&Tパーク名物「スプラッシュヒット」という大きな当たりだった。

 昨年はロイヤルズでシーズン1本塁打に終わっていた青木だが、これが今季5号。今月7日の敵地カブス戦以来の一発で、脳震盪DLから復帰後は初のホームランとなった。

 ジャイアンツは、この回さらに1点を奪い、同点に追いついた。

 その後は両チーム無得点で試合が進む。青木は2回、1死走者なしで投ゴロ。5回も1死走者なしで投ゴロに倒れた。

 ジャイアンツは6回、ポージーとトムリンソンのタイムリーで2点を勝ち越す。青木は7回1死走者なしの場面では左腕ウッドの前に二ゴロに倒れ、8回の守備から退いた。

 ジャイアンツは救援陣も好投して4-2で勝利。青木は打率2割9分6厘となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング