野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】初優勝狙う日本の強力ライバル!? 韓国が“ドラフト上位打線”で初戦圧勝

第27回U-18(18歳以下)ワールドカップ(28日~9月6日)が開幕。舞洲ベースボールスタジアムでは、韓国が南アフリカに17-2で5回コールド勝ちした。1番・崔元準の先頭打者ランニング弾を皮切りに、韓国プロ野球でもドラフト上位候補が占める打線が13安打17得点と南アを圧倒し、好発進した。

20150828_u18d

南アに5回コールド勝ち、李監督「(打線の)1・3・4番は評価が高く、ドラフトでも上位」

20150828_u18d
3番でタイムリー含む2安打を放った朴俊泳【写真:富樫重太】

 第27回U-18(18歳以下)ワールドカップ(28日~9月6日)が開幕。舞洲ベースボールスタジアムでは、韓国が南アフリカに17-2で5回コールド勝ちした。1番・崔元準の先頭打者ランニング弾を皮切りに、韓国プロ野球でもドラフト上位候補が占める打線が13安打17得点と南アを圧倒し、好発進した。

「選手たちには最初から緊張しないようにと声をかけていた」

 韓国・李鍾道監督は、開幕戦へ挑む選手たちにこんな言葉をかけたことを試合後に明かした。しかし、その心配も吹き飛ばし、打線が爆発。初回に崔元準が南ア先発ティム・リーからセンターオーバーのランニング弾を放つと、4回までで12-2と大量リードを奪った。

人気記事ランキング