野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大、デビューから2年連続2桁勝利! 日本人4人目&ヤ軍史上8人目

田中将大、デビューから2年連続2桁勝利! 日本人4人目&ヤ軍史上8人目

ヤンキースの田中将大投手が28日(日本時間29日)、敵地ブレーブス戦で7回を5安打7奪三振3失点と力投し、10勝目(6敗)を挙げた。メジャー1年目の昨季は13勝(5敗)を挙げており、2年連続2桁勝利。デビューから2年連続2桁の白星はヤンキース史上8人目、戦後では3人目となった。

20150424_tanaka

5戦連続QSで10勝目、ダルらに続く1年目から2年連続2桁勝利、戦後ではヤンキース史上3人目

 ヤンキースの田中将大投手が28日(日本時間29日)、敵地ブレーブス戦で7回を5安打7奪三振3失点と力投し、10勝目(6敗)を挙げた。メジャー1年目の昨季は13勝(5敗)を挙げており、2年連続2桁勝利。デビューから2年連続2桁の白星はヤンキース史上8人目、戦後では3人目となった。15-4で勝利したヤンキースは連敗を2で止めた。

 ヤンキースは初回、グレゴリアスの7号3ランなどで5点を先制。しかし、田中もいきなりピンチを招く。その裏、先頭のマーケーキスにライト前ヒットを浴び、メイビンには四球。無死一、二塁となると、続くフリーマンにライト前にタイムリーヒットを許す。さらに一、三塁からスウィッシャーの犠牲フライで2失点目を喫した。

 その後、ガルシアにもスライダーをレフト前に運ばれたが、2死一、三塁からベタンコートが放った大飛球をセンターのエルズベリーが好捕。どうにかピンチを脱した。

 交流戦のためにこの日は田中も打席に立ち、2回先頭ではセカンドゴロ。しかしヤンキースは2死後に猛攻。ヒット3本と3四球で4点を加点すると、2死満塁となった場面で田中が再び打席へ。しかしここは空振り三振に倒れた。

 田中は2回、A・シモンズ、デトウィラー、マーケーキスと見逃し三振に仕留めたものの、3回1死走者なしからフリーマンに初球を強打され、バックスクリーンへ15号ソロを浴びる。これが今季20本目の被弾となった。

 それでも、後続を断つと徐々にリズムに乗り、4回、5回、6回と三者凡退に切り抜けた。7回は2死走者なしからシモンズに左中間への二塁打を許したが、代打のボーンを見逃し三振に仕留め、追加点を許さない。ヤンキースは8回にマッキャンの23号3ランなどで4得点。その裏に継投に入り、田中は降板となった。

 田中は立ち上がりに不安定な投球だったものの、その後は立ち直って5試合連続でクオリティー・スタート(6回以上を自責3以内)。防御率は3・62となった。打席には4度立ち、3打数無安打1四球。

 これで10勝目となった田中は野茂英雄(ドジャース)、松坂大輔(レッドソックス)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)に続くデビューから2年連続2桁勝利に到達。ヤンキースによると球団史上8人目、戦後ではオーランド・ヘルナンデス、アンディ・ペティットに次ぐ3人目となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング