野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】カナダのメジャードラ1主砲が韓国戦で大暴れ 強烈一発も…相手選手“破壊”

第27回U-18(18歳以下)ワールドカップは29日、舞洲ベースボールスタジアムでカナダ-韓国が行われ、カナダの主砲で、今年6月のドラフトでマーリンズに1位指名されているジョシュ・ネイラー内野手が「走・攻・守」で大暴れしている。

20150829_nei

2回に貴重な同点弾も…、強烈スライディングで相手選手退場へ

 第27回U-18(18歳以下)ワールドカップは29日、舞洲ベースボールスタジアムでカナダ-韓国が行われ、カナダの主砲で、今年6月のドラフトでマーリンズに1位指名されているジョシュ・ネイラー内野手が「走・攻・守」で大暴れしている。

 最初に訪れた見せ場は2回。1点ビハインドで打席が回ると、韓国先発・崔忠然からライトスタンドへ同点アーチ。両翼100メートル、フェンスも高くホームランが出にくい舞洲のスタンドに強烈な一打を放り込み、存在感をまざまざと見せ付けた。

 さらに打撃以外でも相手を震撼させるプレーを見せる。

 4回の韓国の攻撃。7番の河成珍がサードへのゴロを放つと、三塁手から一塁手のネイラーへの送球はややホーム方向へそれた。バッターランナーの河と交錯する形になるかと思いきや、向かってくる河の胸を腕で突き飛ばし、河は思わず3歩ほど後退。これには韓国ベンチからも怒号が飛ぶも、ネイラーは何食わぬ表情でプレーを続けた。

人気記事ランキング