野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・黒田、またまた打球に右手出した 再び掌に直撃、続投もやっぱり降板

広島・黒田、またまた打球に右手出した 再び掌に直撃、続投もやっぱり降板

広島の黒田博樹投手が29日、またも気迫の素手キャッチを試みた。打球が直撃しながら続投したものの、その次の回で無念の降板となった。

20150315_kuroda

18日の中日戦でも打球に右手を出し、掌に直撃していた黒田

 広島の黒田博樹投手が29日、またも気迫の素手キャッチを試みた。打球が直撃しながら続投したものの、その次の回で無念の降板となった。

 DeNA戦(横浜スタジアム)で先発。同点の4回1死二塁、バルディリスの強烈なライナーに利き手の右手を差し出した。打球を自身の前にはじくことが出来ず、不運にもレフト前へ。その間に二塁走者・筒香が生還し、勝ち越し適時打となった。

 素手キャッチに畝投手コーチ、内野陣がマウンドに集まったが、40歳右腕は何もなかったかように投球練習。その後も続投した。

 黒田は18日の中日戦(ナゴヤドーム)の初回2死一塁でも、平田の中堅に抜けそうな強烈なライナーに右手を伸ばし、手のひらに打球を受けていた。また、今年のオールスターでも打球に右手を出す素振りを見せた。

 しかし、この日は、その次の回に右手に違和感を覚えたのか、4回1/3を投げたところで交代。4安打2失点で無念の途中降板となり、次回登板も心配される事態となった。

 黒田は打球に右手を出すことがクセとなっているが、ヤンキース時代には「ピッチャーとしては(手を出して怪我をするのは)ダメなんですけど、あそこで(ヒットを防ぐために)手を出さなかったら僕ではないというところもある」と話したこともある。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング