野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】津田が貴重な2点タイムリーで快勝呼ぶ 「自分が打つことで盛り上がれば」

高校日本代表は30日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第3戦(舞洲ベースボールスタジアム)でオーストラリア代表と対戦し、10-1で快勝。浦和学院の津田翔希内野手が、6回に貴重な2点タイムリーを放ち、試合の流れを引き寄せた。

6回に流れ引き寄せる一打、「小笠原に楽に投げさせてあげたいと思って」

 高校日本代表は30日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第3戦(舞洲ベースボールスタジアム)でオーストラリア代表と対戦し、10-1で快勝。浦和学院の津田翔希内野手が、6回に貴重な2点タイムリーを放ち、試合の流れを引き寄せた。

 1-0で迎えた6回、日本は無死満塁とすると、代わったばかりの2番手ローリンソンから豊田が押し出し死球、続く舩曳は押し出し四球で2点を奪う。さらに、1死満塁で津田に打席が回った。ここでライト前に運ぶ2点タイムリー。貴重な追加点を奪った。

「あの場面で回ってきて、追加点を取って小笠原に楽に投げさせてあげたいと思っていたので、初球思い切りうちにいって結果が出たので良かったです」

 試合後のテレビインタビューで、津田はこう振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中