野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神メッセが8回無失点の快投で9勝目 「最高のタイガースファンのために」

阪神メッセが8回無失点の快投で9勝目 「最高のタイガースファンのために」

阪神のランディ・メッセンジャー投手が4日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発し、今季9勝目(11敗)を挙げた。

full-count3

「チームを感じられた、いいゲーム」

 阪神のランディ・メッセンジャー投手が4日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発し、今季9勝目(11敗)を挙げた。

 4回まで毎回安打を許すも得点を許さず、5回から3イニング連続で3者凡退に。2点を先制した8回2死二、三塁では森野を二ゴロに仕留めた。8回6安打無失点。9回は守護神・呉昇桓に託した。

――自身の投球を振り返って。

「うれしいですね。前回は粘ってきたんですけど、もうひと踏ん張りが出来なかったと思うので。今日は野手の方も点を取ってくれましたし、チームを感じられた、いいゲームでした」

――ネイラーも好投していた。

「こういう展開では1つの失投が大怪我、負けにつながると思っていた。1つミスをした方が負けると思っていた。野手の方が点を取ってくださって、先に点をあげなかったことが良かったです」

――シーズン終盤。今の状態は?

「状態は非常にいいので、体の調子もいい。どこか痛いところもない。いい方向に向かっているので、このまま続けたい」

――残り試合も少ない。

「いつも言っていることだが、自分にボールさえ渡してくれたら、しっかり仕事する自信はある。残り試合も頑張って、最高のタイガースファンのために頑張りたいと思います」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング