野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 地区優勝目前のメジャー球団にまさかの非常事態 “目に見えない敵”の恐怖

地区優勝目前のメジャー球団にまさかの非常事態 “目に見えない敵”の恐怖

ア・リーグ中地区を独走するカンザスシティ・ロイヤルズが、まさかの非常事態に見舞われた。

20150905_royals

ロイヤルズ主力2選手が水疱瘡で離脱

 ア・リーグ中地区を独走するカンザスシティ・ロイヤルズが、まさかの非常事態に見舞われた。鉄壁の中継ぎケルビン・ヘレラと右翼アレックス・リオスが、なんと水疱瘡に罹ってしまったというのだ。

 2人はウイルス感染から回復するまで約2週間の戦線離脱が予測されるという。9月3日現在、29試合を残して地区優勝マジックは18。2年連続でのプレーオフ進出は確実なものと思われるが、昨季のア・リーグ覇者が、目に見えない敵の恐怖に脅かされている。

 異変に気が付いたのは、タンパに遠征中の8月29日だったという。胸にいくつも赤い発疹を見つけたリオスが、チームのトレーナーに相談。トレーナーが現地の内科医の意見を仰いだところ、水疱瘡と診断された。その翌日にはヘレラが同様の症状を発症。同じく水疱瘡と診断され、2人ともそれぞれに用意されたプライベートジェットで、自宅のあるカンザスシティに強制送還されたという。

 水疱瘡といえば、子供が罹る典型的な病気の1つ。水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発症し、突然の発熱とともに全身に水疱のような発疹が表れる。子供の頃に発症したり、ワクチンを打った経験を持つ人も多いだろう。だが、医療関係者によると、一度水疱瘡に罹った経験を持つ人でも、再び罹患する可能性は十分にあるそうだ。また、子供の病気を思われがちだが、大人が罹患することもあり、肺炎や脳炎、髄膜炎といった合併症を引き起こした場合、大人の方が深刻な病状に陥ることも多いという。

人気記事ランキング