野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】U18日本、無傷8連勝飾るも「4番」清宮は1安打 復調の鍵は「集中力」

高校日本代表は今大会8戦全勝で6日の決勝アメリカ戦(甲子園)を迎えることになった。前日の韓国戦で2安打と復調の気配を見せていた「4番・DH」の清宮幸太郎内野手はこの日は4打数1安打1四球だった。

清宮が秘める思い「結果が出ない理由は相手ではなく自分にある」

 高校日本代表は5日、甲子園で行われた第27回U-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)のスーパーラウンド(R)最終戦でキューバに9-0で勝利。今大会8戦全勝で6日の決勝アメリカ戦(甲子園)を迎えることになった。前日の韓国戦で2安打と復調の気配を見せていた「4番・DH」の清宮幸太郎内野手はこの日は4打数1安打1四球だった。

 いきなり1死一、二塁のチャンスで打席が回った初回の第1打席。清宮はキューバ先発の左腕ナハロのスライダーにまったくタイミングが合わず、3球三振を喫する。3回に1死一塁で迎えた2打席目では、「変化球に合わせて打ちにいった。打てないことはない球だった」とライト前にゴロでヒットを放つも、その打球はスラッガーらしい当たりとはいえなかった。

 それでも「変化球は苦手ではない。だんだん落ち着いて打席に入れるようになってきた」と復調の気配を感じつつある4番は、第3打席では2番手パドロンのカーブを捉え、強い当たりのセンターフライ。キューバのロベルトの背走しながらのキャッチに阻まれたが「(この日)一番よかった」と打席内容を振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中