野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神、延長11回に劇的サヨナラ勝ち! マートンの決勝打で巨人下す

阪神、延長11回に劇的サヨナラ勝ち! マートンの決勝打で巨人下す

首位・阪神が9日、甲子園で行われた巨人との天王山初戦を制した。延長11回裏にマートンの決勝打で4-3と劇的なサヨナラ勝ちを飾った。

3位巨人との天王山、首位阪神が先勝

 首位・阪神が9日、甲子園で行われた巨人との天王山初戦を制した。延長11回裏にマートンの決勝打で4-3と劇的なサヨナラ勝ちを飾った。

 阪神・藤浪、巨人・マイコラスが先発した試合は両者譲らない緊迫した展開となった。阪神は1回、2回と三者凡退に打ち取られたが、3回先頭の伊藤隼がライトへのヒットで出ると、鶴岡の犠打で1死二塁に。ここで藤浪がレフト前ヒットで一、三塁とチャンスを広げると、鳥谷のセカンドゴロの間に1点を先制した。

 一方、巨人は4回、先頭の阿部がライトフェンス直撃の二塁打を放つと、2死一、三塁となった場面で小林は投ゴロに倒れたかに見えたが、藤浪が一塁へまさかの悪送球。1-1の同点に追いついた。

 その後、両投手とも得点を許さず終盤へ。均衡を破ったのは巨人の4番だった。7回、2死から坂本が四球を選ぶと、阿部がフルカウントから153キロのストレートをとらえ、レフトスタンドへ14号2ラン。4番の一振りで巨人が2点を勝ち越した。

 しかし阪神もすかさず反撃。その裏、無死二塁からゴメスのタイムリー二塁打で1点差に詰め寄ると、1死三塁から伊藤隼がライトへ犠牲フライを放ち、再び同点とした。

 両軍とも8回から継投。阪神は8回、代打・新井が巨人2番手の山口からピッチャー強襲の二塁打。しかし、続く鳥谷が送りバントを失敗。その後、1死一、三塁と好機を作るも、ここもマートンがサードへの併殺に倒れて得点を奪えない。

 巨人は9回、代打の堂上が阪神守護神・呉昇桓から内野安打を放ち出塁。ここで代走に鈴木が送られると、呉昇桓がけん制悪送球で鈴木は一気に三塁へ。しかし、絶好の好機に立岡がショートゴロ、代打・高橋由がショートフライ、坂本がセンターフライに倒れる。

 延長に突入した熱戦を制したのは阪神だった。11回裏、先頭の鳥谷がマシソンからセンターへヒットを放つと、送りバントで1死二塁に。このチャンスでマートンが左中間へ劇的なサヨナラ打を放った。首位・阪神が仕切り直しの天王山初戦で3位巨人に競り勝った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中