野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム大野が1か月半ぶりタイムリー 「とにかく先制できて良かった」

日本ハム大野が1か月半ぶりタイムリー 「とにかく先制できて良かった」

日本ハムの大野奨太捕手が14日のオリックス戦(札幌ドーム)で、1か月半ぶりのタイムリーを放った。

5連敗中のチームに貴重な先制点もたらす

 日本ハムの大野奨太捕手が14日のオリックス戦(札幌ドーム)で、1か月半ぶりのタイムリーを放った。

 久々の快音は2回2死三塁の先制のチャンスだった。2ボール2ストライクから、右腕・近藤の甘いスライダーをライナーで中前へ。7月31日のロッテ戦(札幌ドーム)以来の適時打となった。

 大野は「打ったのはスライダーです。連敗の流れがあったので、とにかく先制できて良かったです。勝てるように頑張ります」と振り返った。

 5連敗中のチームにとっては、6試合ぶりの先制点。ベンチでは中田らが手をたたいて喜んだ。チームのエネルギーとなったはずだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中