野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 巨人・菅野が自責0で敗戦 味方の失策より悔やんだもの

巨人・菅野が自責0で敗戦 味方の失策より悔やんだもの

巨人のエース・菅野が7回2安打1失点、自責点0の好投も援護なく、広島に0-1で敗れた。入団から3年連続の2桁勝利を目指したが、力投もむなしく10敗目となってしまった。

巨人東京ドーム

味方のエラーで失点、自責0での黒星は自身今季初

 巨人のエース・菅野が7回2安打1失点、自責点0の好投も援護なく、広島に0-1で敗れた。入団から3年連続の2桁勝利を目指したが、力投もむなしく10敗目となってしまった。自責0で勝ちが付かなかったのは今季2回目だが、負けがついたのは初めてだった。

 失点は2回一、三塁。ショート・坂本の失策で取られた1点のみ。バットでは好投手のジョンソンからチーム初安打を放つなど、闘志を全面に押し出したが、他の打者が続かず、終わってみれば、カープ投手陣に完封負け。最後の打者はエラーした坂本。試合終了の瞬間、悔しそうにグラウンドをみつめていた。

 菅野は坂本のエラーを悔やまず、2回に貯めた走者の出し方を悔やんでいた。

 2回1アウトから、新井を四球で出した。続く、東海大相模―東海大の同級生の田中にレフト前安打を浴びた。その後に坂本の失策が出たのだが、菅野は新井への四球を反省していた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中