野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス松田34号ソロ&長谷川2号ソロ! 2者連続弾で西武突き放す

優勝マジックを「1」としているソフトバンクが松田、長谷川の2者連続弾で西武を突き放した。

ソフトバンク

リーグ連覇までマジック「1」、松田は2戦連発、長谷川は半年ぶりの一発

 優勝マジックを「1」としているソフトバンクが松田、長谷川の2者連続弾で西武を突き放した。

 17日にヤフオクドームで迎えた一戦。初回1死一、二塁の場面で4番・内川が相手先発の高橋光からセンターへ先制タイムリーヒットを放つと、1点リードで迎えた4回だった。先頭の松田が右中間テラス席へ34号ソロを運ぶと、続く長谷川がバックスクリーン右へ2号ソロを叩き込んだ。松田は2戦連発、長谷川は3月29日のロッテ戦以来、半年ぶりの一発となった。

 松田は「1打席目が打てなかったので、打てて良かったです」とコメント。また、長谷川は「甘い球をしっかりと打つことができました」と振り返った。

 一方の西武は5回無死満塁のチャンスを作ったが、鬼崎の適時打による1点のみにとどまった。5回を終え、ソフトバンクが3-1とリードしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中