野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人立岡、小川攻略の決勝打で首位ヤクルトに1差「狙っていたところだった」

巨人立岡、小川攻略の決勝打で首位ヤクルトに1差「狙っていたところだった」

巨人・立岡が18日、神宮での首位ヤクルト戦で決勝のタイムリー二塁打を放った。チームは6-3で勝利。3位ながら首位に1ゲーム差と迫った。

full-count18

5回、アウトローのボール球をとらえる一打

 巨人・立岡が18日、神宮での首位ヤクルト戦で決勝のタイムリー二塁打を放った。チームは6-3で勝利。3位ながら首位に1ゲーム差と迫った。

 1-1の同点で迎えた5回、2死二、三塁でヤクルト小川の投じた外角低めのボール球をとらえた打球は、決勝点となる勝ち越し2点タイムリー二塁打に。立岡の一打で勢いに乗った打線は6回にマイコラスにも2点タイムリーが生まれるなど加点し、6-3で勝利を収めた。

 今季1番での起用が多いが、この日は「2番・セカンド」で先発出場。ヒーローインタビューに呼ばれた立岡は「ちょっとボール気味だったと思うんですけど、狙っていたところだったのでよかったです」と決勝打を振り返り、「とにかく試合に出ている以上は、与えられたポジションで結果を出すということでやっているので、よかったです」と、結果が伴ったことを喜んでいた。

 この日の勝利でチームは3位ながら、首位と1ゲーム差に接近。相手エース攻略の立役者は「まだまだ厳しい戦いが続きますけど、あと6つ、この連戦を勝てるようにがんばりたいと思います」と、この日から始まった勝負の7連戦にかける意気込みを語っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング