野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 采配裏目で敗戦も、指揮官は田中将大を称賛 「最高のボールを投げていた」

采配裏目で敗戦も、指揮官は田中将大を称賛 「最高のボールを投げていた」

ヤンキースの田中将大投手は18日(日本時間19日)、敵地でのメッツ戦に先発し、6回5安打2失点とクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成。試合を作ったものの、ソロホームランを2本被弾し、7敗目(12勝)を喫した。

6回2失点で7敗目の田中、続投に関する2つの重要な局面があった?

 ヤンキースの田中将大投手は18日(日本時間19日)、敵地でのメッツ戦に先発し、6回5安打2失点とクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成。試合を作ったものの、ソロホームランを2本被弾し、7敗目(12勝)を喫した。

 チームは1-5で敗れ、ア・リーグ東地区首位のブルージェイズとのゲーム差は4・5に広がった。ヤンキースにとって痛い1敗となったものの、エース続投に関する2つの重要な局面をこの試合で迎えていたヤンキースのジョー・ジラルディ監督と同僚は、そのピッチングを称賛している。地元紙「ジャーナル・ニュース」が報じた。

 サブウェイシリーズで、ヤンキースにとっては力投の田中に関する2つのターニングポイントが存在したという。

 1-1で迎えた6回表、ヤンキースは2死一、三塁のチャンスを迎えた。ここで打者は8番ライアン。この日は3打数1安打ながら打率2割2分8厘のライアンを下げて、ベンチスタートのスラッガー、アレックス・ロドリゲスを代打で投入する考えも指揮官の脳裏によぎったという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中