野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が連敗止めて首位と1差 岩田8回1失点&ゴメス2ラン&福留2打点

阪神が連敗止めて首位と1差 岩田8回1失点&ゴメス2ラン&福留2打点

阪神は20日、本拠地で首位ヤクルトに8-1で快勝した。先発の岩田稔投手が8回4安打1失点と好投し、8勝目(9敗)。打線も効果的に得点を重ねた。チームは連敗を「2」で止め、ヤクルトとのゲーム差を「1」とした。

阪神甲子園

首位ヤクルトに8-1で快勝

 阪神は20日、本拠地で首位ヤクルトに8-1で快勝した。先発の岩田稔投手が8回4安打1失点と好投し、8勝目(9敗)。打線も効果的に得点を重ねた。チームは連敗を「2」で止め、ヤクルトとのゲーム差を「1」とした。

 岩田は初回、1死から川端に中前打を浴びるも、山田を二直に仕留めると、飛び出していた川端もアウト。ダブルプレーで無失点スタートとなった。

 すると、阪神打線はその裏に福留のタイムリー、ゴメスの2ランで3点を先制。2回には鳥谷の犠飛、今成のタイムリーで2点を加え、5点差とした。

 岩田は3、4回と危なげない投球で無失点。5回は2死一、二塁とされたが、中村を三ゴロに打ち取った。その裏、阪神は無死一、二塁として、福留がタイムリーツーベース。頼れる男のこの日2本目のタイムリーで6-0とリードを広げた。

 6、7回は3者凡退に抑えた岩田だったが、8回は2本のヒットと味方のエラーで無死満塁とされる。ここで荒木に犠飛を打たれ、1点を失った。だが、代打・谷内を一ゴロ、川端を空振り三振に切って取り、最少失点で切り抜けた。

 8回には鳥谷、今成のタイムリーで2点を追加。9回は岩田の後を継いだ歳内が締め、8-1で勝利した。敗れればヤクルトに優勝マジックが点灯する可能性もあったが、投打が噛み合って阻止し、再び1ゲーム差に迫った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング