野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島が痛恨の3連敗 先発福井は好投も救援陣が乱調、終盤に逆転許す

広島が痛恨の3連敗 先発福井は好投も救援陣が乱調、終盤に逆転許す

広島が本拠地でのDeNAに4-6で逆転負けを喫し、痛恨の3連敗となった。先発の福井が6回4安打2失点と好投したものの、3番手の大瀬良が1点リードの8回に3点を失い、逆転された。

広島カープ

ヒース1失点、大瀬良は3失点でリード守れず

 広島が本拠地でのDeNAに4-6で逆転負けを喫し、痛恨の3連敗となった。先発の福井が6回4安打2失点と好投したものの、3番手の大瀬良が1点リードの8回に3点を失い、逆転された。首位ヤクルトが敗れ、勝って差を縮めておきたい試合だったが、痛い1敗となった。

 広島は初回、堂林のタイムリーで1点を先制する。福井は3回まで4三振を奪うなど、打者9人をパーフェクトに抑える快投。すると、広島は3回に鈴木誠のタイムリーで追加点を奪った。

 4回、福井は1死三塁から梶谷の犠飛で1点を失う。さらに、6回には2死二塁のピンチで筒香にライトへのタイムリーを浴び、同点とされた。

 だが、打線はすぐに反撃。その裏、2死一、三塁で福井の代打・小窪がセンターへ勝ち越しタイムリー。満塁となってから菊池が押し出し四球を選び、貴重な追加点を奪う。

 7回、広島は2番手ヒースをマウンドに送るも、2死から3連打で1点を失う。なおも2死二、三塁のピンチで大瀬良をマウンドに送ると、倉本を遊ゴロに打ち取り、1点のリードを守った。

 しかし、大瀬良は8回もマウンドに上がり、連打で無死二、三塁とされた。ロペスは空振り三振に仕留めたものの、宮崎にはライトへのタイムリーを浴びて同点に追いつかれる。さらに、バルディリスの遊ゴロ、嶺井のタイムリーで2点を奪われ、降板となった。

 広島はその裏、1死一、二塁のチャンスで菊池が三上から鋭いライナーを放つも、二塁手・内村がジャンプしてキャッチ。二塁走者の野間は飛び出しており、ダブルプレーでチェンジとなった。

 9回は復活したDeNAの守護神・山崎康からチャンスを作るも得点を奪えず、広島は4-6で敗戦。3連敗で首位ヤクルトとのゲーム差を縮められなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング