野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神・秋山、“現役引退コンビ”に痛打され初勝利お預け…今季最短KOに

阪神・秋山、“現役引退コンビ”に痛打され初勝利お預け…今季最短KOに

阪神・秋山拓巳投手が、24日の中日戦(ナゴヤドーム)で「現役引退コンビ」に打たれ、3連敗中のチームの悪い流れを止められなかった。

阪神甲子園

中日先発バルデスにも適時二塁打浴びる

 阪神・秋山拓巳投手が、24日の中日戦(ナゴヤドーム)で「現役引退コンビ」に打たれ、3連敗中のチームの悪い流れを止められなかった。

 1軍昇格し、8月13日の中日戦(京セラドーム大阪)以来の先発マウンド。初回1死二塁のピンチは無失点に抑えたものの、この日が引退試合だった2回先頭・和田の左前打でリズムを崩した。1死一、三塁から、今季限りで現役引退を表明している谷繁の左前適時打で先制点を献上。続く投手のバルデスにも左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴び、降板となった。

 2番手・島本は勢いを止められず、3番手・二神が2者連続押し出し四球を出し、秋山は今季最短1回1/3で5安打4失点。今季初勝利もお預けとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング