野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 6年ぶりの2軍V 巨人・岡崎郁監督が自身に課したもの

6年ぶりの2軍V 巨人・岡崎郁監督が自身に課したもの

1軍がヤクルトとデットヒートを繰り広げている中、巨人の2軍はひと足先にイースタン・リーグ優勝を決めた。今月22日、神奈川県川崎市のジャイアンツ球場でDeNAを迎えた一戦。5-3で勝利し、2009年以来、6年ぶりにファーム選手権に挑むことになった。

主力打者が奮わない今年の巨人、1軍を支える「ファーム指導」

 1軍がヤクルトとデットヒートを繰り広げている中、巨人の2軍はひと足先にイースタン・リーグ優勝を決めた。今月22日、神奈川県川崎市のジャイアンツ球場でDeNAを迎えた一戦。5-3で勝利し、2009年以来、6年ぶりにファーム選手権に挑むことになった。

 2軍監督は巨人で一時代を築いた内野手・岡崎郁監督(54)。現役時代は主にサード、ショートを守り、巧打の光る左バッターだった。若い選手たちに胴上げされた岡崎監督は「今年は開幕から優勝を目指そうと戦ってきたので、本当にうれしく思います」と喜びを語った。

 外から見れば、他の6チームよりも戦力が高いと映る。選手層の厚い巨人は、2軍のスタメンの大半が1軍クラスだった。優勝を決めた試合も橋本到や村田修一、内海哲也、松本哲也、セペダ……と1軍にいなくてはならない選手の名前が並んでいた。

 しかし、能力や経験があっても内海(3回3失点)、村田(3打数ノーヒット)のように、調子が上がらず、勝利に貢献できないことも多い。キャッチャーは多くいるため、4、5人を日替わりで使わなくてはならないため、メンバーの固定はほとんどできない。若手を育成させたいが、1軍クラスの選手たちを元のレベル以上にして、また昇格させなくてはならない。多くの苦しさを抱えながらの指揮だった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中