野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

急逝中村GMの古巣オリックス、日ハム戦前に黙とう捧げる

25日に行われたオリックス・日本ハム戦(京セラドーム大阪)では23日に急逝した阪神・中村勝広GM(享年66)に哀悼の意を表し、両球団の選手が喪章を付けてプレーした。

オリックス

両軍選手、監督、コーチが黙とう 喪章を付けてプレー

 25日に行われたオリックス・日本ハム戦(京セラドーム大阪)では23日に急逝した阪神・中村勝広GM(享年66)に哀悼の意を表し、両球団の選手が喪章を付けてプレーした。試合前には両軍ベンチ前で選手、監督、コーチが黙とうを捧げた。

 中村氏は2003年にオリックスの取締役常務兼GMに就任後、06年シーズンには監督を務め、同年シーズン終了後に辞任。その後も球団のシニア・アドバイザー、球団本部長を09年まで務めるなど、在任中は手腕を振るった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング