野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人ドラ1ルーキー岡本が頂上決戦で大仕事 ヤクルト石山から同点打

巨人ドラ1ルーキー岡本が頂上決戦で大仕事 ヤクルト石山から同点打

巨人の岡本和真内野手が26日、東京ドームでのヤクルトとの首位攻防第1ラウンドで、「7番・サード」で先発出場。1点ビハインドの4回に同点に追いつくタイムリーヒットを放った。

1点ビハインドの4回、石山の142キロ直球をライト前へ

 巨人の岡本和真内野手が26日、東京ドームでのヤクルトとの首位攻防第1ラウンドで、「7番・サード」で先発出場。1点ビハインドの4回に同点に追いつくタイムリーヒットを放った。

 2-3と1点リードを許していた4回。先頭の長野が二塁打で出ると、亀井が一ゴロで1死三塁のチャンスに。この日スタメン出場のドラフト1位ルーキーに打席が回ってきた。

 その初球。ヤクルト石山の高めのストレートを捉えた打球は一、二塁間を抜けてライト前へ転がるタイムリーヒットに。ルーキーの大仕事でチームは3-3の同点に追いついた。

 巨人が敗れればヤクルトに優勝マジック「3」が点灯する一戦。4連覇に向けて負けられない頂上決戦は、期待の有望株の一打で振り出しに戻った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中