野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島が32イニングぶりに得点 新井が左前適時打&前田が同点ホーム踏む

広島が32イニングぶりに得点 新井が左前適時打&前田が同点ホーム踏む

広島が26日の本拠地阪神戦の5回に32イニングぶりに得点を挙げた。

広島カープ

エルドレッドも勝ち越しタイムリー

 広島が26日の本拠地阪神戦の5回に32イニングぶりに得点を挙げた。

 0-1と1点を追う5回、1死からこの日先発の前田が打席に立つと、相手先発の岩田からレフトへ二塁打。丸が四球で出塁し、2死一、二塁となったところで新井がレフト前へタイムリーヒットを放った。さらにエルドレッドも左翼フェンス直撃のタイムリーヒットで続き、この回逆転に成功した。

 広島はこの試合前まで3試合連続で完封負けを喫しており、22日のヤクルト戦の9回以来、32イニングぶりの得点となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング