野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 14年ぶりVへ王手のヤクルト 主砲・山田のタイムリーで1点を先制

14年ぶりVへ王手のヤクルト 主砲・山田のタイムリーで1点を先制

優勝へ向けてマジック「1」と王手をかけているヤクルトが、主砲・山田哲人内野手のタイムリーで先制点を奪った。

東京ヤクルト神宮

優勝へ向けてマジック「1」、3回に広島先発・野村からライト前へ先制打

 優勝へ向けてマジック「1」と王手をかけているヤクルトが、主砲・山田哲人内野手のタイムリーで先制点を奪った。

 本拠地・神宮に4位広島を迎えた大一番。先発の館山が2回に2死満塁の大ピンチを切り抜けると、3回にヤクルトに初めてのチャンスが巡ってきた。

 1死から館山が広島先発・野村のスライダーをセンターに運び出塁。2死となってから川端がレフト前に運んで2死一、二塁とすると、山田が3ボール1ストライクから直球をライト前に運び、二塁走者の館山がスライディングで本塁に生還した。

 勝てば14年ぶりの優勝が決まる一戦で、ヤクルトが貴重な先制点を奪取。3回を終えて1-0とリードした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング