野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神、サヨナラ勝ちで2位巨人と2差 振り逃げ&失策&捕逸でタナボタ勝利

阪神、サヨナラ勝ちで2位巨人と2差 振り逃げ&失策&捕逸でタナボタ勝利

阪神は本拠地でのDeNA戦に4-3でサヨナラ勝ちし、2位浮上に望みをつないだ。

阪神甲子園

9回にDeNAのミス重なりサヨナラ勝ち、CSは本拠地開催に望みつなぐ

 阪神は本拠地でのDeNA戦に4-3でサヨナラ勝ちし、2位浮上に望みをつないだ。先発メッセンジャーが7回5安打1失点の好投するも、8回に救援陣が同点に追いつかれる苦しい展開。しかし、9回に相手のミスが重なり、最後は捕逸で江越がサヨナラのホームを踏んだ。この日試合がなかった2位巨人とのゲーム差は「2」。CS本拠地開催の可能性を残した。

 阪神は初回、相手先発・山口から2死二塁とチャンスは作るも、ゴメスは遊ゴロに倒れ、先制点は奪えず。すると、先発メッセンジャーは2回、先頭の筒香にツーベースを打たれ、続くロペスにライトへの先制タイムリーを浴びた。

 阪神打線は2、3回と2イニング連続で3者凡退。4回は2死からゴメスがセンターへのヒットで出塁するも、今成はニゴロ。さらに、5回も3者凡退と山口に抑え込まれる。

 しかし、6回にようやく打線が目覚める。1死から鳥谷がセンターへのヒットで出塁。ボークで二塁に進み、大和が内野安打で1死一、二塁とすると、マートンがレフト前に運び、同点に追いついた。さらに、2死一、二塁から今成がセンターへタイムリー。この回2得点で逆転した。

 さらに、7回には1死から江越がツーベース、藤井がセンター前ヒットで一、三塁。ここでメッセンジャーに代打・福留。DeNAも山口から大原にスイッチしたが、福留はライトへきっちりと犠飛を放ち、チームに3点目をもたらした。

 だが、8回、阪神は1死から鳥谷のエラーで荒波の出塁を許す。ここで2番手・高宮から安藤にスイッチ。しかし、2死二塁となると、梶谷にレフトへのタイムリーを浴び、1点差とされる。阪神は島本をマウンドに送ったが、梶谷は盗塁とパスボールで三塁へ。筒香は四球で2死一、三塁。阪神はこの回4人目のピッチャーとなる福原を投入したものの、ロペスにレフト前への同点タイムリーを浴びた。

 9回、阪神は先頭の江越が振り逃げで出塁。続く俊介がスリーバントを試みると、ピッチャーからの送球をロペスが取りそこねてセーフ。失策で一塁走者の江越も三塁まで進んだ。ここで代打関本を送ると、DeNA三上の直球を嶺井が捕球できず、ボールが転々とする間に江越が生還。阪神は劇的なサヨナラ勝ちとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング