野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神がタナボタサヨナラ劇で、歳内に今季初白星 2位浮上へ「根性で…」

阪神がタナボタサヨナラ劇で、歳内に今季初白星 2位浮上へ「根性で…」

阪神の歳内宏明投手が本拠地でのDeNA戦で同点の9回に登板し、1回を3者凡退で無失点。その裏にチームが4-3でサヨナラ勝ちし、今季初勝利を挙げた。

阪神甲子園

同点の最終回に好投で零封「サヨナラを信じてとにかくゼロで…」

 阪神の歳内宏明投手が本拠地でのDeNA戦で同点の9回に登板し、1回を3者凡退で無失点。その裏にチームが4-3でサヨナラ勝ちし、今季初勝利を挙げた。最終回は相手のミスが重なり、無安打でタナボタ勝利を挙げた阪神。好投した4年目右腕にプロ2つ目の白星が付き、本拠地のファンの前でお立ち台に上がった。

「こういう苦しい場面で勝つことが出来たので、チームが本当に勝ってよかったなと思います。同点だったので、とにかく1点もやらないように、サヨナラを、チームが点を取ってくれることを信じて、とにかくゼロで抑えようと思いました」

 チームは7回終了時で2点リードしながらも、8回に4人の投手をつぎ込みながら同点に追いつかれた。しかし、その嫌な雰囲気の中、右腕は9回にDeNA打線を3者凡退に切って取り、再び流れを引き寄せた。

 2位浮上に望みをつなぐ1勝に「残り試合も少ないですけど、あとは気持ちと根性で頑張りたい。どの場面で投げるか分からないんですけど、とにかくマウンドに上がった時にはゼロで抑えることを第一に考えて、気持ちを込めてしっかり投げたい」と残り試合のフル回転を誓った。

人気記事ランキング