野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム栗山監督が熱いエール 引退の木佐貫が持つ「最高の財産」とは

日ハム栗山監督が熱いエール 引退の木佐貫が持つ「最高の財産」とは

日本ハムの栗山英樹監督が30日、引退試合を終えた木佐貫洋投手について「まだ現役でいける感じがする」と惜しんだ。

20150508_kuriyama

引退セレモニーでは涙を浮かべた指揮官、「もっと長く投げさせたかった」

 日本ハムの栗山英樹監督が30日、引退試合を終えた木佐貫洋投手について「まだ現役でいける感じがする」と惜しんだ。

 木佐貫は同日のロッテ戦(札幌ドーム)で現役ラスト登板に臨み、5回の1イニングを2奪三振、無安打無失点のパーフェクト投球。栗山監督は試合後の引退セレモニー中、目に涙を浮かべるほどだった。

 巨人、オリックスを経て、日本ハムに13年1月にトレードで加入した右腕の引退に涙した理由は、監督から選手への「親心」だった。

「まだいける感じがする。やっぱり監督としては責任を感じる。もっともっと、あいつにやってあげられることはなかったかと。オレの立場としては本当に苦しい。もっと長く投げさせたかったなと。申し訳ない気持ちしかない」

 日本ハムは若手を積極的に1軍で使っていくチームだ。先発陣ではリーグトップの15勝の大谷、ドラフト1位・有原、中村らが台頭。オープン戦で防御率0.00も、開幕ローテ争いに敗れた35歳は、2軍で16試合登板で0勝6敗、防御率7.57。チャンスを逃し、引退試合まで1軍へ呼ばれることはなかった。

 木佐貫の無念-。だからこそ、栗山監督は試合後に若い先発投手に珍しく激しいゲキを飛ばした。

人気記事ランキング