野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム陽岱鋼が“マリーンズいじめ” 得意の相手からリード広げる適時打

日ハム陽岱鋼が“マリーンズいじめ” 得意の相手からリード広げる適時打

日本ハムの陽岱鋼外野手が、4日のロッテ戦(QVCマリン)で“マリーンズいじめ”だ。

日本ハム

ロッテ戦は3割3分5厘、QVCマリンでは打率3割4分6厘

 日本ハムの陽岱鋼外野手が、4日のロッテ戦(QVCマリン)で“マリーンズいじめ”だ。

 2回2死一、三塁。石川の高めに浮いた138キロ直球をコンパクトなスイングでライナーで打ち返した。リードを2点に広げる右前適時打だ。

 陽は「甘いボールが来たら積極的に打ちにいこうと思っていました。いい感じに逆方向に飛んでくれてよかったです」とコメントした。

 試合前まで対ロッテ戦は80打数26安打の打率3割2分5厘、2本塁打、16打点。QVCマリンでも52打数18安打の打率3割4分6厘、1本塁打、13打点と得意としていた。

 11月のプレミア12では台湾代表の主力と期待されている。勝てばクライマックスシリーズ(CS)進出が決まるロッテの大きな“壁”となりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング