野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・村田、自打球受け苦悶の表情…倒れ込むも無事プレー再開

巨人・村田、自打球受け苦悶の表情…倒れ込むも無事プレー再開

巨人の村田修一内野手が14日のヤクルトとのCSファイナルステージ(神宮)で「6番・三塁」で先発出場。自打球で悶絶するシーンがあった。

full-count11

CSファイナルに「6番・三塁」で先発出場

 巨人の村田修一内野手が14日のヤクルトとのCSファイナルステージ(神宮)で「6番・三塁」で先発出場。自打球で悶絶するシーンがあった。

 2回先頭。2ボール2ストライクから左腕・石川の内角スクリューを強振したが、打球が左膝に直撃。苦悶の表情を浮かべ、その場に倒れ込んだ。

 村田打撃コーチと球団トレーナーが駆けつけ、治療を受けた。約1分後、プレーを再開したが、続く外角スクリューには手が出ず、見逃し三振。痛すぎる打席となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング