野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ジャイアンツが青木宣親と契約延長へ 脳震とうの症状にも改善の見込み

ジャイアンツが青木宣親外野手との契約延長オプションを行使する意向だと米CBSスポーツ(電子版)が報じた。球団側が選択権を持っており、1年550万ドル(約6億7000万円)で来季も残留する可能性が高まった。

球団が来季の契約延長オプションを行使へ

 ジャイアンツが青木宣親外野手との契約延長オプションを行使する意向だと米CBSスポーツ(電子版)が報じた。球団側が選択権を持っており、1年550万ドル(約6億7000万円)で来季も残留する可能性が高まった。

 青木は今季からジャイアンツに加入。前半戦はオールスター出場の期待もかかる活躍を見せていたが、6月に死球による右腓骨骨折で離脱した。さらに、8月には頭部へも死球を受け、脳震とうの症状が続いて9月は代打で2試合に出場したのみでシーズン終了。チームは怪我人が続出した影響もあり、プレーオフ進出を逃した。

 今季の契約には、550打席以上で自動更新される「べスティング・オプション」が含まれていたが、不運な形で離脱を余儀なくされた青木は392打席でシーズンを終えた。ただ、球団が選択権を持つ契約延長オプションも含まれており、これをジャイアンツが行使するか注目されていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中