野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ホークス王手 ヤクルトは細川&摂津の配球に「まんまと引っかかった」

ホークス王手 ヤクルトは細川&摂津の配球に「まんまと引っかかった」

28日の日本シリーズ第4戦はソフトバンクが6-4で勝利し、2年連続の日本一に王手をかけた。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏は「摂津と細川のバッテリーに尽きます。本当に配球がうまかった。ヤクルト打線に的を絞らせませんでした」と試合を作った2人を絶賛した。

シリーズ3勝目の立役者はバッテリー、「本当に配球がうまかった」

 28日の日本シリーズ第4戦はソフトバンクが6-4で勝利し、2年連続の日本一に王手をかけた。首の寝違えで第3戦は途中交代した李大浩が4打点と活躍。クライマックスシリーズ(CS)でMVP級の働きを見せながら、第3戦で山田に逆転2ランを浴びた千賀も、この日は2イニングを完璧に抑えるなど存在感を見せた。

 ただ、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏は「摂津と細川のバッテリーに尽きます。本当に配球がうまかった。ヤクルト打線に的を絞らせませんでした」と試合を作った2人を絶賛した。

 この日の摂津は、前日に3本塁打を放った山田から2つの見逃し三振を奪うなど、ヤクルトのクリーンアップから計5奪三振。抜群の制球力で直球をストライクゾーンいっぱいに投げ込み、ヤクルトの打者を見逃し三振に仕留める場面が目立った。

 野口氏は「ヤクルト打線は配球にまんまと引っかかった。摂津がマウンドから降りる最後まで、どのカウントで何の球種が来るかは分からずじまいでした」と振り返る。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中