野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

FAの青木宣親、脳震とうの後遺症はなし 代理人は「100%健康」と断言

ジャイアンツからフリーエージェント(FA)となった青木宣親外野手について、代理人のネズ・バレロ氏が地元メディアに「彼は100%(健康)だ」と語った。

20151110_aoki

ジャイアンツは契約オプションを行使せずも「アオキをとても好んでいる」

 ジャイアンツからフリーエージェント(FA)となった青木宣親外野手について、代理人のネズ・バレロ氏が地元メディアに「彼は100%(健康)だ」と語った。米CBSスポーツ(電子版)が「ノリ・アオキは脳震とう後も完全に健康で、プレーする準備ができている」との見出しで報じている。

 ジャイアンツは、頭部死球による脳震とうの症状で終盤戦を棒に振った青木に対して、550万ドル(約6億8000万円)で来季契約を延長できる権利を持っていたが、これを行使しなかった。ただ、記事では、決して球団側が青木を評価していなかったわけではないことを説明している。

「アオキをとても好んでいるジャイアンツは、冬に入るにあたって、柔軟性を求めていた」

 名物記者として知られる執筆者のジョン・ヘイマン氏は、このように分析。先発投手陣の補強が最大のテーマとなっているジャイアンツは、予算の確保などを目的に青木との契約延長を一旦は見送ったものの、交渉は今後も継続する可能性が高いことを、これまでに複数の地元メディアも伝えていた。

人気記事ランキング