野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J、6回に一挙4点逆転! 筒香が同点タイムリー、中田が勝ち越し3ラン!

侍ジャパン日本代表は14日、世界野球「プレミア12」1次ラウンド第4戦、米国戦で6回に一気に逆転した。筒香嘉智外野手(DeNA)が2打席連続となるタイムリー。さらに中田翔内野手(日本ハム)にも勝ち越し3ランが飛び出し、5-2とした。

筒香2打席連続タイムリー、中田は今大会11打点目!

 侍ジャパン日本代表は14日、世界野球「プレミア12」1次ラウンド第4戦、米国戦で6回に一気に逆転した。筒香嘉智外野手(DeNA)が2打席連続となるタイムリー。さらに中田翔内野手(日本ハム)にも勝ち越し3ランが飛び出し、5-2とした。

 1点ビハインドの6回。この回から登板した2番手右腕・シモンズから山田の四球、中村のセンター前ヒットで1死一、二塁に。すると筒香が外の変化球をバットを折りながらもセンター前に運び、山田が生還。同点に追いついた。

 さらに1死一、二塁から中田(日本ハム)がレフトスタンドへの勝ち越し3ラン。これで5-2とした。

 横浜DeNAの主砲が宿敵・米国との試合で4回の第2打席に続き2打席連続タイムリーと躍動すると、今大会「恐怖の6番」としてチームを引っ張る中田が豪快な一発で今大会11打点目。一気に逆転に成功し、開幕4連勝、1次ラウンドB組首位突破が見えてきた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中