野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J大谷、圧巻投球も…ノーノー7回で途切れる

侍ジャパンは19日、東京ドームで行われた世界野球「プレミア12」準決勝の韓国戦で先発の大谷翔平投手(日本ハム)が7回、先頭打者にこの日初ヒットを浴びた。

韓国・鄭根宇に初安打浴びる

 侍ジャパンは19日、東京ドームで行われた世界野球「プレミア12」準決勝の韓国戦で先発の大谷翔平投手(日本ハム)が7回、先頭打者にこの日初ヒットを浴びた。

 大谷は初回を三者凡退で抑えると、2回に李大浩に死球を与えるも、6番閔炳憲(ミン・ビョンホン)を二ゴロ併殺。この回を3人で切り抜けた。

 4回1死から5回にかけては5者連続三振を奪うなど、6回まで投げ終え9奪三振。球速も最速160キロをマークするなど、ノーヒットノーランのピッチングを見せていた。

 しかし、7回先頭の鄭根宇(チョン・グンウ)にセンター前ヒットを打たれ、無安打投球は途切れてしまった。

 6回無失点だった開幕戦に引き続き、韓国打線相手に圧巻の投球を見せている右腕。準決勝の舞台での大記録はならなかったが、依然として完封ペースで投球は続いている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中