野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

韓国に逆転許し4強敗退、日本ハム増井が語る悔いと日の丸への思い

侍ジャパン日本代表の日本ハム・増井浩俊投手が、初代王者を逃す3位で終わった世界野球「プレミア12」を振り返った。

20151125_masui

韓国戦では痛恨の逆転打、「完全に流れに飲まれてしまった」

 侍ジャパン日本代表の日本ハム・増井浩俊投手が、初代王者を逃す3位で終わった世界野球「プレミア12」を振り返った。

 19日の準決勝・韓国戦(東京ドーム)では、3点差から1点差となった9回無死満塁で登板。押せ押せの韓国打線を止められず、4番のソフトバンク・李大浩に左翼線へ逆転2点打を許した。

 今季リーグ2位の39セーブを挙げた日本ハムの鉄腕リリーバー。今大会は社会人時代以来の日本代表だった。31歳の右腕が大会期間中に得たもの、17年WBCへの思いなどを打ち明けた。

――プレミア12を振り返って。

「思ったより楽しかったです。年下選手ばかりでしたけど、いい後輩ばかり。スタッフもいい人たちばかりで。今までにない緊張感で重い試合はありましたけど、『野球が楽しいな』と感じました」

――準決勝は絶体絶命のピンチで登板した。

「抑えてくれると期待をしてもらって使ってもらった。今思えば、自分が思っていた以上(の評価を受けていた)。結果的にやられてしまったので、次は期待に応えられる、そういう投手になりたいです」

――打者はソフトバンクの4番・李大浩だった。

「今季は4打数無安打に抑えていたので、『ここで今季初安打を打たれるか』という感じでした。小久保監督も『無安打に抑えていたことに期待した』と言ってましたので。ブルペンでは変わらずに出来たが、完全に流れに飲まれてしまいましたね」

――舞台は東京ドーム。侍ジャパンの応援ばかりで、プレッシャーもあったのでは?

「声援は本当にすごかったです。360度が日本ファンでしたから。僕が投げる時に、あんなに球場が沸くことがないので、素直にうれしかったです。だから、余計に抑えたいと思いましたけどね。それに応えられなかったのが歯がゆかったですし、本当に悔しい。もっとレベルアップして、と思います」

人気記事ランキング