伊藤光、山崎勝、伏見、若月…争いは混沌 オリックスの正捕手は誰に?

伊藤は不動のレギュラーから今季は山崎勝との併用に、来季巻き返しなるか

 自らの途中交代、先発投手のレベルの違いなどから数字だけでは一概に言えないが、貯金の数が一番多かったのは2013年オフにソフトバンクからFA移籍してきた山崎勝。昨年はベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞を受賞した伊藤光が不動のレギュラーだったが今シーズンは伊藤、山崎勝の併用が目立った。

 消化試合となった終盤戦には2年目の若月にもチャンスが訪れた。福良新監督は「若月は思った以上の動きを見せてくれた。また試合で使ってみたいと思わせる捕手。1軍争いに入ってくる能力は持っている」と評価している。

 屈辱を味わい巻き返しを誓う伊藤、ベテラン捕手としての存在感を見せつけた山崎勝、打撃力NO1の伏見、底知れぬポテンシャルを感じさせる若月。

 来年2月から始まる春季キャンプでは、この4人が激しいレギュラー争いを繰り広げるだろう。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY