野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム陽岱鋼が4000万ダウン提示保留 チーム保留者1号「びっくり。きつい」

日ハム陽岱鋼が4000万ダウン提示保留 チーム保留者1号「びっくり。きつい」

日本ハムの陽岱鋼外野手が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉したが、チーム保留者1号となった。

今季は左骨折で約2か月離脱、1億6000万円提示に「思っていた評価ではなかった」

20151202_yoh
陽岱鋼のこれまでの成績

 日本ハムの陽岱鋼外野手が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉したが、チーム保留者1号となった。4000万円ダウンの年俸1億6000万円を提示された模様だ。陽は「思っていた評価ではなかった。びっくりしました。(ダウン提示は)想定していなかった。きついですね」と話した。

 13年オフに2年総額4億円の契約を結び、今季が契約最終年だった。今季は5月4日の楽天戦(札幌ドーム)で一塁ベースにヘッドスライディングした際に左手を骨折。約2か月の長期離脱となり、86試合出場で打率2割5分9厘、7本塁打、36打点にとどまった。

 交渉した島田利正球団代表は「もう1度冷静に考えたいからこその保留だと 思います。公傷か、どうかは関係ない。一塁ベースへのヘッドスライディングは球団としては奨励していない。ヒルマン監督の時代なら罰金だった。(提示額は)純粋に成績から」と話した。次回交渉は12月中旬の予定だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中