野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 契約更改中間チェック、ここまでの各球団増減トップ3は?【セ・リーグ編】

契約更改中間チェック、ここまでの各球団増減トップ3は?【セ・リーグ編】

各球団とも今季の契約更改が進んでいる。大幅なアップを勝ち取った選手、逆に減額となった選手など様々。球団によって進捗具合は異なるが、12月5日時点での上がり幅、下がり幅が大きかった選手を見てみたい。まずはセ・リーグ編。

セ最大のアップは巨人・澤村、続いてDeNA山崎康、中日・若松

 各球団とも今季の契約更改が進んでいる。大幅なアップを勝ち取った選手、逆に減額となった選手など様々。球団によって進捗具合は異なるが、12月5日時点での上がり幅、下がり幅が大きかった選手を見てみたい。まずはセ・リーグ編。

 アップ額が最も大きかった選手は巨人の澤村拓一投手で前年の2倍以上となる5200万円増。初の1億円に到達した。今季は抑えに転向し、60登板。7勝3敗、36セーブ、防御率1.32の成績を収めた。リーグ2番目の上がり幅となったのはDeNAのルーキー山崎康晃投手で3500万円増。守護神として58試合に登板し、2勝4敗、37セーブ、防御率1.92。年俸は5000万となった。3番目は中日の若松駿太投手で3050万円増。今季プロ初白星を含む10勝(4敗)を挙げ、550万円から実に555%増の3600万円でサインした。

 逆に下がり幅で最も多かったのは巨人の阿部慎之助内野手で、1億8400万円減の3億2600万円に。2番目は阪神の西岡剛内野手で7200万円のダウン。前年から40%ダウンで年俸1億800万円(金額は推定)で更改した。また、3番目は中日の森野将彦内野手で、3500万円減の1億4000万円となった。

 今後も大幅アップが見込まれるヤクルト山田哲人内野手や複数年が終わり、大幅ダウンが予想される巨人・杉内俊哉投手ら大物選手の契約交渉も控えており、更改当日は大きな注目を浴びそうだ。

 以下が各球団の増減のトップ3。(※12月5日時点。金額は推定。データはスタッツ・ジャパン提供)

【ヤクルト】

△アップ
1館山(投) 3000万円増→1億2000万円
2山中(投) 1100万円増→2200万円
3比屋根(外) 500万円増→2000万円

▼ダウン
1村中(投) 1600万円減→2400万円
2山本(投) 1100万円減→3500万円
3田中浩(内) 1000万円減→6500万円

【巨人】

△アップ
1澤村(投) 5200万円増→1億円
2坂本(内) 3000万円増→2億5000万円
2高木勇(投) 3000万円増→4200万円

▼ダウン
1阿部(内) 1億8400万円減→3億2600万円
2長野(外) 2500万円減→17500万円
3片岡(内) 900万円減→8600万円

【阪神】

△アップ
1福原(投) 3000万円増→1億5000万円
2狩野(外) 1400万円増→2300万円
3江越(外) 600万円増→1600万円

▼ダウン
1西岡(内) 7200万円減→1億800万円
2大和(外) 1200万円減→5300万円
3榎田(投) 400万円減→3200万円

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中