野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ホークス柳田も確実? 今オフ、年俸が1億円以上アップした選手は?

ホークス柳田も確実? 今オフ、年俸が1億円以上アップした選手は?

今オフの契約更改では、他にも1億円以上アップした選手が多かった。チームの躍進を支える活躍を見せた選手だけでなく、これまでの実績を評価された選手の名前も並ぶ。

20150218_kuroda2

黒田、五十嵐は2億円アップでサイン、大幅増を勝ち取った選手は?

 広島の黒田博樹投手が17日の契約更改交渉で2億円アップの年俸6億円プラス出来高でサインした。現時点で、現役選手ではオリックス・金子千尋投手の年俸5億円を上回る球界最高年俸となった。

 今オフの契約更改では、他にも1億円以上アップした選手が多かった。チームの躍進を支える活躍を見せた選手だけでなく、これまでの実績を評価された選手の名前も並ぶ。

◯黒田博樹投手(広島) 6億円(2億円アップ)

 米大リーグから8年ぶりに日本球界復帰。右足首痛、右肩痛に苦しみながら、26試合登板で11勝8敗、防御率2.55。終盤は中4日で登板するなどフル回転した。オフは現役続行か引退かで熟考したが、プロ20年目も現役続行。来季は残り7勝に迫った日米通算200勝の達成に期待がかかる。

◯五十嵐亮太投手(ソフトバンク) 3億5000万円(2億円アップ)

 3年契約最終年だった今季は54試合に登板して3勝1敗2セーブ、31ホールド。防御率1.38で日本一連覇に貢献した。3年間では168登板で86ホールド、16セーブと安定して結果を残した。プロ19年目となる来季から新たに2年契約を結んだ。

◯マイルズ・マイコラス投手(巨人) 2億4000万円(1億5700万円アップ)

 来日1年目の今季は序盤こそ苦しんだが、5月28日の西武戦(東京ドーム)で初勝利。6月20日の中日戦(東京ドーム)から11連勝をマークし、南海・スタンカの外国人最多連勝記録に並んだ。21試合登板で13勝3敗、防御率1.92。最高勝率(8割1分3厘)で最高勝率のタイトルを獲得した。来季から2年契約を結んだ。

人気記事ランキング