今季の傾向からヤクルト山田の“弱点”を探る 得意、不得意はあるのか?

カーブピッチャーが少ないことが活躍の1つの理由に?

 また、「左でスライダーとチェンジアップをしっかり投げ切れるピッチャーなら抑えるのかもしれない。だから、チームメートの石川なら抑えるかな」とも分析する。「ヒートマップを見ると、左のスライダーが嫌いなのではないかなと。自分がバッテリーコーチだったら、オープン戦で左ピッチャーにスライダー攻めをさせてみますね。どんな反応を見せるか。もしかしたらキーポイントになる可能性もある」

 球界を席巻する打者の意外な“弱点”が見つかるかもしれない。

 傾向を分析した上で、山田がここまでのハイレベルな成績を残している理由について、野口氏は近年の球界の流れもあると指摘した。カーブを操るピッチャーが少ないことが「1つの理由としてある」と言う。

「緩急を使い切れるピッチャーが少ないということでしょう。結果を見て言うのは簡単ですけど、特にカーブみたいな緩く大きな変化球は、そこ(低め)にコントロールできるのか、というのも出てきますから」

 圧倒的な能力があることは間違いないが、さらに、現代野球に適した選手とも言えるかもしれない。山田をどうやって抑えるのか。来季以降も各球団は頭を悩ませることになりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND