野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 何人ものプロ野球選手が実践? オフに行う断食トレーニングの効果とは

何人ものプロ野球選手が実践? オフに行う断食トレーニングの効果とは

プロ野球もオフに入り、選手は自主トレや体を休める充電期間に入っている。野球の技術練習もあり、ボクシングや相撲などの異業種トレーニングや他競技の選手とともに練習を行うなど取り組みは様々。そんな中、近年、プロ野球選手の中で行うのが増えているのが「断食」である。

取り組む選手が増えている「断食」

 プロ野球もオフに入り、選手は自主トレや体を休める充電期間に入っている。野球の技術練習もあり、ボクシングや相撲などの異業種トレーニングや他競技の選手とともに練習を行うなど取り組みは様々。そんな中、近年、プロ野球選手の中で行うのが増えているのが「断食」である。

 日本ハムの吉川光夫投手や巨人の片岡治大内野手、阪神の鳥谷敬内野手も行ったことのあるトレーニング。文字通り、1日3食、当たり前のように食べていた食事を期間を決めて、断つ。半日でも効果が出るようだが、野球選手は4、5日は行っている。

 体内に取り入れていいのは基本的に水のみ。酵素水やトレーナーの指示による特製ドリンクを飲むケースもある。空腹になったら水で満たす。1日中、これを繰り返す。体重は1日に1キロ減ることもあるという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中